NPT会議(核拡散防止条約再検討会議)延期 松井市長、新型コロナで渡米困難

NPT会議(核拡散防止条約再検討会議)延期 松井市長、新型コロナで渡米困難

 核軍縮の道筋などを探るため5年に1度開かれる核拡散防止条約(NPT)再検討会議の開催が、新型コロナウイルス感染症の拡大で延期が濃厚になったとして、平和首長会議(会長・松井一実広島市長)は24日、会場となる米ニューヨークの国連本部への派遣団を中止すると明らかにした。

 派遣団には松井市長をはじめ、県内4高校の1~3年の生徒計8人たちが加わる予定だった。再検討会議の延期は正式に決定していないが、米国が国家非常事態を宣言し、日本政府も不要不急の渡航を取りやめるよう呼び掛けているため、渡米は困難と判断した。

 再検討会議は4月27日~5月22日に予定。加盟約190カ国の外交団のほか、広島、長崎の被爆者や市民団体など多数が参加する見通しだった。

(出典:中国新聞デジタル

新型コロナウイルスの影響で色々なイベントなどが延期や中止になるのは致し方ないとは思うが、このような非核化の活動が途絶えてしまったりするのは脅威だと思う。ぜひ延期という形とし、新型コロナウイルスが終息した際は開催してほしいと思う。

当サイト(広島ライフ)は多くの方に広島関連の最新のニュースをご覧頂けるように、一部記事の引用、ニュース記事元へのご案内リンクを掲載しております。元のニュース記事の全内容の引用ではなく著作権法等厳守しております。