再建されました明治初期の神仏分離令で焼失しました護摩堂。厳島大仏、不動明王が鎮座されています。 – 広島歴史探索の後は、お好み焼き「そば肉玉」じゃね

当サイトはアンテナサイトです。

再建されました明治初期の神仏分離令で焼失しました護摩堂。厳島大仏、不動明王が鎮座されています。 - 広島歴史探索の後は、お好み焼き「そば肉玉」じゃね

再建されました明治初期の神仏分離令で焼失しました護摩堂。厳島大仏、不動明王が鎮座されています。 - 広島歴史探索の後は、お好み焼き「そば肉玉」じゃね

厳島神社の大願寺の護摩堂です。 明治初期に神仏分離令で焼失しました護摩堂、平成18年4月2日再建されました。 護摩堂の中には、総白檀の不動明王が鎮座されています。 総身一丈六尺(4m80cm)重量7tで、総白檀の不動明王像としては日本最大の仏様です。 写真撮影はできません。 お姿を拝ませてもらい、 ものすごく力強...

はてなブックマーク - 再建されました明治初期の神仏分離令で焼失しました護摩堂。厳島大仏、不動明王が鎮座されています。 - 広島歴史探索の後は、お好み焼き「そば肉玉」じゃね はてなブックマークに追加

記事の続きを読む