広島県選管が投票用紙の氏名を誤って印刷、230万枚1200万円分が紙くずに→5人で目視チェックして全員が見落としていた | KSL-Live!

当サイトはアンテナサイトです。

広島県選管が投票用紙の氏名を誤って印刷、230万枚1200万円分が紙くずに→5人で目視チェックして全員が見落としていた | KSL-Live!

広島県選管が投票用紙の氏名を誤って印刷、230万枚1200万円分が紙くずに→5人で目視チェックして全員が見落としていた | KSL-Live!

広島県選挙管理委員会が、衆議院選挙と同時に行われる最高裁裁判官の国民審査の投票用紙で、裁判官氏名を誤って印刷し230万枚、1200万円分が刷り直しとなった。 230万枚を刷り直しへ 国民審査の投票用紙を誤印刷 広島県選管:朝日新聞デジタル 県選管によると、9月14日に県内で必要な全投票用紙236万500枚を印刷した際...

はてなブックマーク - 広島県選管が投票用紙の氏名を誤って印刷、230万枚1200万円分が紙くずに→5人で目視チェックして全員が見落としていた | KSL-Live! はてなブックマークに追加

記事の続きを読む