マツダ 4月の国内生産1979年以降で最低 新型コロナウイルス影響

マツダ 4月の国内生産1979年以降で最低 新型コロナウイルス影響

 マツダは28日、4月の国内生産が1万1706台と前年同月比86・5%減り、単月では1979年以降最も少なかったと明らかにした。新型コロナウイルスに伴う世界的な需要の低迷を受け、本社宇品工場(広島市南区)と防府工場(防府市)を断続的に休止した。落ち込み幅も最大。世界販売は5万362台で54・3%減った。(出典:中国新聞デジタル

自粛要請の解禁がありましたが、経済や街の活気はまだまだ戻る気配がありません。色んな飲食店でも2割戻ったかどうかと聞きます。マツダの回復が広島の景気回復の絶対条件になります。どうか早期の復活を願います。

当サイト(広島ライフ)は多くの方に広島関連の最新のニュースをご覧頂けるように、一部記事の引用、ニュース記事元へのご案内リンクを掲載しております。元のニュース記事の全内容の引用ではなく著作権法等厳守しております。