大麻譲渡 所持者から芋づるで逮捕 安佐南署

大麻譲渡 所持者から芋づるで逮捕 安佐南署

安佐南署は26日、福山市瀬戸町山北、建設作業員藤井葵容疑者(25)を大麻取締法違反(譲渡)の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は、3月7日ころ、自宅前の駐車場で、知人の同市南手城町3丁目、検察作業員藤井真矢被告(23)=同法違反(所持)罪で起訴=に大麻を有償で譲り渡した疑い。同署によると、真矢被告の捜査で今回の容疑が浮上した。葵容疑者は「大麻を売ったりしていない」と否認しているという。(出典:中国新聞デジタル)

口がかたいとかそういうのは基本的に信用しないことですね。ほとんどの人が自分がかわいく、人のことなどなんとも思っていません。薬物に手を出す事自体犯罪行為ですが、それ以上に深い問題がこの事件にはあるように感じます。

当サイト(広島ライフ)は多くの方に広島関連の最新のニュースをご覧頂けるように、一部記事の引用、ニュース記事元へのご案内リンクを掲載しております。元のニュース記事の全内容の引用ではなく著作権法等厳守しております。