伊藤 剛 on Twitter: “米国人にとって日本への原爆投下は「やりすぎた」というトラウマをもたらした。そのため「大日本帝国はそれに見合う悪だった」という正当化を必要とした。この日本観は、中国のそれと部分的にせよ一致している。オバマが広島を訪れ、大テレビネットワークが原爆特集をやるという変化は何を意味するか。”

当サイトはアンテナサイトです。

伊藤 剛 on Twitter: "米国人にとって日本への原爆投下は「やりすぎた」というトラウマをもたらした。そのため「大日本帝国はそれに見合う悪だった」という正当化を必要とした。この日本観は、中国のそれと部分的にせよ一致している。オバマが広島を訪れ、大テレビネットワークが原爆特集をやるという変化は何を意味するか。"

伊藤 剛 on Twitter: "米国人にとって日本への原爆投下は「やりすぎた」というトラウマをもたらした。そのため「大日本帝国はそれに見合う悪だった」という正当化を必要とした。この日本観は、中国のそれと部分的にせよ一致している。オバマが広島を訪れ、大テレビネットワークが原爆特集をやるという変化は何を意味するか。"

米国人にとって日本への原爆投下は「やりすぎた」というトラウマをもたらした。そのため「大日本帝国はそれに見合う悪だった」という正当化を必要とした。この日本観は、中国のそれと部分的にせよ一致している。オバマが広島を訪れ、大テレビネットワークが原爆特集をやるという変化は何を意味するか。

はてなブックマーク - 伊藤 剛 on Twitter: "米国人にとって日本への原爆投下は「やりすぎた」というトラウマをもたらした。そのため「大日本帝国はそれに見合う悪だった」という正当化を必要とした。この日本観は、中国のそれと部分的にせよ一致している。オバマが広島を訪れ、大テレビネットワークが原爆特集をやるという変化は何を意味するか。" はてなブックマークに追加

記事の続きを読む