お金の貸し借りからストーカー関連にまで発展で逮捕 尾道署

お金の貸し借りからストーカー関連にまで発展で逮捕 尾道署

尾道署は19日、尾道市栗原町、嘱託社員土屋道弘容疑者(60)をストーカー規制法違反の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は、2月16日から5月10日の間に尾道市の50代女性が拒んでいるのに携帯電話に計11回にわたり電話をかけたほか、4月28日には女性方に押しかけて「貸したお金全額返して下さい」と書いたメモをポストに入れるなどした疑い。同署によると、2人は知人で、土屋容疑者は「お金を返してほしかっただけ」と一部否認しているという。(出典:中国新聞)

お金の貸し借りは結局借りたほうが優位に立ちやすくなりますが、今回はどうなのでしょうか。文面だけ見るとそうみえますが、ストーカー規制法違反で逮捕までつながってると思うと、警察の判断はこの男性に問題ありと判断したということでしょうか。なんにせよ、お金の貸し借りは、最悪は殺人事件など色んな結末を迎えることが多いです。「あげると思って貸せ」は言い得て妙です。

当サイト(広島ライフ)は多くの方に広島関連の最新のニュースをご覧頂けるように、一部記事の引用、ニュース記事元へのご案内リンクを掲載しております。元のニュース記事の全内容の引用ではなく著作権法等厳守しております。