追い抜きざまにお尻を触った疑いでネパール人を逮捕 東広島署

追い抜きざまにお尻を触った疑いでネパール人を逮捕 東広島署

東広島署は14日、ネパール国籍の東広島市鏡山3丁目、専門学校生ラーマ・テンジン容疑者(24)を県迷惑防止条例違反(卑わいな行為)の疑いで逮捕した。

逮捕容疑は、3月18日午後10時15分頃、同市西条昭和町の歩道で、10代女性の尻を服の上から、歩いて追い抜きざまに触った疑い。同署によると、ラーマ容疑者は「当たっただけ」と供述しているという。(出典:中国新聞)

痴漢被害の大半は夜の時間帯です。夜道を歩く際は色々と気をつけて被害に遭わないよう気をつけてください。