佐伯区旭園で「営利目的で大麻所持や栽培」の疑いで逮捕 県警薬物銃器対策課と中四国麻取

  • 2020年5月14日
  • 2020年5月14日
  • 薬物

佐伯区旭園で「営利目的で大麻所持や栽培」の疑いで逮捕 県警薬物銃器対策課と中四国麻取

県警薬物銃器対策課と中国四国厚生局麻薬取締部などは12日午後10時35分頃、広島市佐伯区旭園、塗装業谷口晴基容疑者(33)を大麻取締法違反(営利目的所持)の疑いで現行犯逮捕した。その後、同区三筋1丁目、会社員山本元基容疑者(33)も同容疑で逮捕した。

逮捕容疑は2人は共謀して、山本容疑者方で乾燥大麻を営利目的で所持した疑い。同課によると、麻薬取締部からの情報に基づいて12日、谷口容疑者が山本容疑者方に入った後に家宅捜索。室内には、乾燥大麻や大麻草19鉢、吸引器などがあった。その後、山本容疑者が帰宅してきたため逮捕した。山本容疑者方は2階建て。

同課などは、販売するために2階で栽培していたとみている。谷口容疑者は「大麻とは思わなかった」、山本容疑者は「売ってはいない」と供述しているという。(出典:中国新聞)

なかなか薬物はなくなりませんね。日本では違法です。そんなに好きなら合法の国にいけばいいのにと思います。そこまでしてと思うなら、違法だからやるなと思いますね。

谷口容疑者はラッパー「ZAO」としても活動しているそうですが、クラブに出入りする人はなぜ薬物を使用したがるのでしょうか。