福山市内で「家電量販店を名乗る」2件の特殊詐欺 計214万超の被害 福山東署と北署

福山市内で「家電量販店を名乗る」2件の特殊詐欺 計214万超の被害 福山東署と北署

福山市内で11日に家電量販店の従業員などをかたる特殊詐欺の被害が発生したと福山東、福山北の両署が12日、それぞれ発表した。計2県で被害総額は214万4千円。両署が注意を呼びかけている。

福山東署によると、11日午後2時頃、70代の無職女性方に家電量販店の従業員を名乗る男から「パソコンをあなたの娘名義のカードで購入しているのに心当たりがあるか」などと電話があった。続いて警察官などを名乗る男たちから「他のカードもハッキングされている」などの電話もあり、訪問した170センチくらいの男にキャッシュカードなど6枚を渡した。その後、125万1千円が引き出されたという。

福山北署管内でも同日、別の70代無職女性方に電話があり、家電量販店の従業員をかたる似た手口で、家に来た男にカード4枚をだまし取られ、89万3千円が引き出された。同署によると、同日に市内で同様の不審な電話の相談が複数寄せられており、「このような電話があったらすぐに切り、110番を」と呼びかけている。(出典:中国新聞)

特殊詐欺はリストがあるのか効率化のためかわかりませんが一斉に同地域に電話する特徴があります。今は福山近辺が狙われているようですので近隣にお住まいの方は十分に気をつけてください。ご家族が住まわれている方も、注意喚起をしてあげてください。