自動車業界 各社融資要請 マツダは3000億規模の融資を要請

自動車業界 各社融資要請 マツダは3000億規模の融資を要請

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で自動車の需要が大きく落ち込む中、マツダは、手元の資金を手厚くするため、取り引き銀行との間で3000億円規模の融資を受ける協議を進めていることが分かりました。

関係者によりますと、マツダは、主力の三井住友銀行をはじめとする大手銀行のほか、日本政策投資銀行などに対して合わせて3000億円規模の融資を要請し、協議を進めているということです。
マツダは、アメリカなどでの販売不振でことし3月までの1年間の決算の見通しについて、本業のもうけを示す営業利益を下方修正しています。
さらに、新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に自動車の需要が落ち込み、ことし3月下旬から国内外の工場の稼働を一時的に止める生産調整を続けています。
マツダは、今回の融資で手元の資金を厚くすることで影響の長期化に備える方針です。
新型コロナウイルスの影響が拡大する中、自動車業界では、トヨタ自動車が主力銀行にあわせて1兆円の融資枠を設定するよう求めているほか、日産自動車や三菱自動車工業も手元の資金を厚くするために融資の協議を進めるなど、資金面の対策を講じる企業が相次いでいます。(出典:NHK広島)

色んな業界が今回の新型コロナウイルスの問題で融資の要請を行おうとしていますが、中小や個店は体力がない分、救済支援をしてほしいと思いますが、大きい企業こそ雇用の問題や経済の中心であり救済しなければいけないのかもしれません。ただ、自動車業界は色んな無駄なものが雑多に存在しないのでしょうか。経費の削減を行ったり提言してほしいとは思います。