GWも「雇用調整助成金」の相談を受付中 ハローワーク広島 事業者さんはぜひ活用してください

GWも「雇用調整助成金」の相談を受付中 ハローワーク広島 事業者さんはぜひ活用してください

新型コロナウイルスの影響を受け、経営が悪化している事業主のため、広島労働局はゴールデンウイーク期間中も雇用調整助成金の相談や申請を受け付けています。

このうち広島市中区のハローワーク広島では朝から相談に訪れる事業主などの姿が見られました。新型コロナウイルスの影響を受け、休業している企業が従業員に支払う休業手当を、国が一部負担する雇用調整助成金について、県内のハローワークではゴールデンウイーク期間中も臨時で窓口を開き、制度についての相談や申請の受付を行っています。
【広島県公共職業安定所・角浩之所長】
「(Q:緊急事態宣言が5月末までになったが?)まだまだ厳しい状況が続くと思っているので雇用の維持ということで雇用調整助成金のニーズもどんどん高まっていくのではないのかなと」
「広く活用いただいて雇用の維持に努めていただくということに集中して対応していこうと」ハローワークでは窓口だけでなく、電話による問い合わせも対応しており、連休中にも関わらず、多くの相談が寄せられています。(出典:TSS)

事業主さんは休むこともできず、資金調達などの事業継続に奔走していると思います。色んな支援制度があり安堵の反面、申請の仕方が複雑でわからなかったりし、困惑している人もいると思います。電話でももちろん良いですが窓口での相談もできますので、直接相談するのもひとつです。