広島市 離職や廃業者に向けた家賃給付金の相談を窓口のご案内 GW中も受付

広島市 離職や廃業者に向けた家賃給付金の相談を窓口のご案内 GW中も受付

 広島市は、収入の減少により家賃が払えない恐れがある人に向けた給付金のコールセンターを開設しています。

 「住居確保給付金」は、離職や廃業が原因で家賃が払えない恐れがある人に対して、就職活動をするという条件のもと、行政が家賃を給付する仕組みです。

 先月20日からは新型コロナウイルスによる経済活動の自粛が原因で収入が減少し、仕事があっても家賃が払えない人も給付の対象となっています。

 広島市は、相談件数が増えていることから、対面での相談を避けるため、今月1日、コールセンターを設置しました。専用ダイヤルはご覧のとおりで、ゴールデンウィーク中も受け付けています。

 ◇ 住居確保給付金相談ダイヤル(広島市)
   080-4552-2955
   080-9793-2662
   080-9792-4537
   平日午前9時~午後4時(GW期間中は祝日も受け付け)

 住居確保給付金は、昨年度、72件給付されていますが、今年度は、寄せられた相談だけで、すでに500件を超えています。(出典:RCC)

新型コロナウイルスの影響で相談者が昨年の8倍弱まで増えています。GW中も受け付けています。ひとりで悩まず、行政にご相談ください。良い解決策が見つかると思います。