スーパー「エブリイ」アルバイト学生に米10キロや前払い制度 従業員に感謝金やマスク50枚も支給

スーパー「エブリイ」アルバイト学生に米10キロや前払い制度 従業員に感謝金やマスク50枚も支給

新型コロナウイルスの感染拡大の影響でアルバイトの学生も経済的に困っているとして、広島県福山市のスーパーは米10キロを無償で提供するなどの支援を行うことになりました。

これは、親の収入が減り仕送りが少なくなる学生を支援しようと、広島県福山市に本社を置くスーパー「エブリイ」が行うものです。
対象は各店舗でアルバイトをしている学生およそ700人で、1人あたり米10キロを無償で提供します。
米は、飲食店の休業で売り上げが大幅に減っている米問屋から仕入れるということで、準備が整う今月下旬から各店舗を通じて提供されます。
ほかにも、このスーパーは、アルバイトの学生を対象に今月下旬から給与の前払い制度を実施して支援するほか、すべての従業員に給与とは別の「感謝金」やマスク50枚を支給するということです。
エブリイ社長室の丸竹義則室長は「困っている学生をなんとか手助けできないかと思い支援する。地域の従業員とともに新型コロナウイルスと戦っていきたい」と話していました。(出店:NHK広島)

エブリイは従業員への還元が多く、働く人はうれしいでしょうね。この大変な時期に学生アルバイトにはお米支給など、現金支給だけだと使い方を間違える人も中にはいるんでしょうから、現物支給でわかりやすい支給方法で良い形だと思います。