河井議員現金授受問題 渡辺県議「検察が自白を強要」と抗議文

河井議員現金授受問題 渡辺県議「検察が自白を強要」と抗議文

河井議員夫妻からの現金授受を巡る疑惑で検察から聴取を受けた広島県議が強引な取り調べで「自白を強要された」として最高検察庁に抗議文を送った。

捜査に抗議したのは渡辺典子県議。検察は去年の参院選を前に河井克行議員と妻の案里議員が広島県内の地方議員などに現金を配った疑いについて捜査しており、渡辺県議も事務所や議会棟の控室の家宅捜索を受けている。

渡辺県議が弁護士を通して最高検察庁の監察指導部に送った文書では検事による取り調べで「現金の受領を認めるよう自白を強要された」と述べ、調査と指導をするよう求めている。

渡辺県議は体調不良を理由に先月30日と今月1日の県議会を欠席しており、来週コメントを発表するとしている。(出典:広テレ)

検察も捜査に焦っているのでしょうか。この河井議員の現金授受問題は色んなとこに飛び火し色んな人が色んな迷惑に巻き込まれています。当の本人は議会に出ても取材には無言を貫き通しているようでまだ真相がはっきりわかりません。色んな政治家が巻き込まれた最後はどのようになるのでしょうか。

当サイト(広島ライフ)は多くの方に広島関連の最新のニュースをご覧頂けるように、一部記事の引用、ニュース記事元へのご案内リンクを掲載しております。元のニュース記事の全内容の引用ではなく著作権法等厳守しております。