10万円現金給付 広島県の一部自治体でオンライン申請開始

10万円現金給付 広島県の一部自治体でオンライン申請開始

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、一律に給付される現金10万円のオンラインでの申請の受け付けが、1日から県内の一部の自治体で始まり、職員が問い合わせなどの対応に追われました。

一律に給付される現金10万円のオンラインでの申請は、マイナンバーカードを持っている人が、自宅のパソコンやスマートフォンを使って行うことができます。
申請の受け付けは、1日から県内の一部の自治体で始まり、このうち熊野町では、政策企画課の職員7人が、町民からの電話の問い合わせなどの対応に追われていました。
熊野町は、オンラインで申請した人への給付を、早ければ今月7日にも始めたいとしています。
県によりますと、現金10万円の一律給付は、熊野町を含め福山市や竹原市など、あわせて10の市や町で、オンラインでの申請受け付けが1日から始まったということです。
また、マイナンバーカードを使わない通常の申請については今後、各自治体から、それぞれの世帯に申請書が発送されるということです。
熊野町政策企画課の須賀雅彦 課長は「経済的に影響が出ている家庭もあるので、いち早くお届けできるように、オンラインでの対応をとることにしました。分からないことがあれば気軽に相談してほしい」と話していました。(出典:NHK広島)

早いところは5月上旬の給付を予定し進めています。広島市や呉市は6月中と準備に少し時間がかかっています。

申請や給付に伴う詐欺などに気をつけてください。必ず今回の件を利用した詐欺案件がでてきます。近くに顔見知りの高齢者などいましたら、注意喚起してあげてください。

当サイト(広島ライフ)は多くの方に広島関連の最新のニュースをご覧頂けるように、一部記事の引用、ニュース記事元へのご案内リンクを掲載しております。元のニュース記事の全内容の引用ではなく著作権法等厳守しております。