廿日市市の建設会社「ダイサン」またも寄贈 玄米1トンの次はマスク12万枚

廿日市市の建設会社「ダイサン」またも寄贈 玄米1トンの次はマスク12万枚

 新型コロナウイルス感染拡大で医療資材の入手が困難な中、地元の建設会社が、広島・廿日市市におよそ12万枚のマスクを寄贈しました。

 マスクを寄贈したのは、廿日市市に本社を置く建設会社「ダイサン」です。ダイサンは、建設資材などを中国から輸入していて、今回、寄贈した12万5000枚のマスクは取り引き先の中国から購入したものです。

 寄贈されたマスクは、市の医師会などを通じて8万枚を医療機関に、4万枚を社会福祉施設へ配布されるということです。

 「小さいことかもしれないけど、こういうことで力になれればうれしい。」(ダイサン取締役設計部 沖本純二部長)

 「廿日市市民や企業、一丸となって乗り越えていかなければならないと思う。」(廿日市市 松本太郎市長)

 ダイサンは、先日、クラスターが発生した障害者支援施設を含む県内6つの社会福祉施設にそれぞれ1トンの米を寄贈していて、これからも支援活動を続けていきたいとしています。(出典:RCC)

またも廿日市の建築会社「ダイサン」から廿日市市へすごい数の寄贈です。いつも規格外の数ですが、すごい会社ですね。躊躇なく動けないとこの数、この回数の寄贈はできないと思います。この会社は判断がとても早く的確で良い企業ということが私でもよくわかります。先頭を切って寄付寄贈の活動をしていただきありがとうございます。