公表された庄原のパチンコ店 追い込まれ休業へ

公表された庄原のパチンコ店 追い込まれ休業へ

 新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした休業要請で、広島県が要請に応じなかったとして4月30日に店名を公表した、庄原市のパチンコ店1店が1日、臨時休業した。期間は6日までとしている。

 県によると、県内243店のうち唯一営業を続けていた。(出典:中国新聞デジタル

店舗名公表には賛否両論ありますが、色んな事情がありお店を開けていたのだと思います。このまま閉店に追い込まれないことだけ願います。

当サイト(広島ライフ)は多くの方に広島関連の最新のニュースをご覧頂けるように、一部記事の引用、ニュース記事元へのご案内リンクを掲載しております。元のニュース記事の全内容の引用ではなく著作権法等厳守しております。