カープOBの黒田さん、新井さん 広島県に7万枚のマスクを寄付

カープOBの黒田さん、新井さん 広島県に7万枚のマスクを寄付

 元広島東洋カープの黒田博樹さんと新井貴浩さんが1日、新型コロナウイルスに対応する医療従事者を支援するため、広島県にマスク計7万枚を寄付する。県が同日、発表した。

 黒田さんが5万枚、新井さんが2万枚を寄贈する。黒田さんらは現役時代から知る広島のグッズ会社がマスクの取り扱いを始めたため、購入したという。マスク不足で困っている人や新型コロナウイルス感染症と最前線で闘う医療機関での活用を希望している。

 県は感染症指定医療機関などに配布する予定。

 黒田さんの話 現在、目に見えない敵と最前線で闘っていただいている医療従事者、関係者の皆さまに今度は僕たちが声援を送る番です。

 新井さんの話 自らの命を懸けて、ご家族との時間を犠牲にして最前線で闘ってくださっている医療従事者の皆さまに心より感謝申し上げます。
 皆さまのお役に立てることはないかと考えておりましたところ、黒田さんよりお声がけをいただきました。新型コロナウイルス対策の最前線でご尽力をされている医療従事者の方々、感染症予防が特に必要な方々のお役に立てていただければ幸いです。(出典:中国新聞デジタル

野球選手は色んな方がいますが、記録を残したり、名を残したりする方はやはり聖人なのでしょう。広島はこの二人に何度も助けられているように思います。この二人が野球で活躍していたときが懐かしいです。