コロナ禍 災害等の避難時のシミュレートを いつ起きるかわかりません

コロナ禍 災害等の避難時のシミュレートを いつ起きるかわかりません

新型コロナウイルスの感染拡大が収まらないまま雨の多い時期を迎えれば、避難所での密集で集団感染が起きることも懸念されています。広島市では人を分散させるため、知人の家などほかの避難先を事前に考えておくことなど、避難に関する注意点をまとめ、対応を呼びかけています。

注意点は、広島市のホームページ上の防災情報サイトにまとめられています。
このなかでは、体調がすぐれない人も、各地域の指定の避難所に避難することを妨げるものではないとする一方、すぐれない場合は、マスクを着用するなどし、必ず受け付けで相談するよう呼びかけています。
そして避難の際は、水や食料だけでなく、マスクや体温計、それに消毒液なども持参することや、避難先では、ほかの避難者との距離を保ち、近くでの会話を控えるよう強調しています。
また、人を分散させるためにも、安全な場所に住む親戚や知人の家、それに自治体が協定を結ぶ民間施設などほかの避難先に身を寄せるのも有効だとして、家族で事前に考えておくことなど対応を呼びかけています。
一方、広島市は、指定の避難所で、体調がすぐれない人が過ごせる個室を確保することは可能か、各区ごとに調査を要請するなど、受け入れ態勢の備えも急いでいます。(出典:NHK広島)

いつ起こるかわからないのが災害です。コロナ禍の最中、いま大災害が起きると大惨事です。

先日、長野県や茨城県では震度4の地震がありましたが、現地の人は恐怖を感じたそうです。いつ避難を強いられる状況になるかわかりませんので、備えだけはしっかりしておきましょう。