河井克行議員 パワハラや違反教唆の音声まで 議員生活も終わりか

河井克行議員 パワハラや違反教唆の音声まで 議員生活も終わりか

 河井案里参院議員(46)の昨夏の参院選を取り仕切った河井克行前法相(57)。その選挙にまつわる公選法違反事件は、すでに秘書ら2人が起訴されたウグイス嬢の違法買収にとどまらず、広島県内各地の首長や県議、市議が次々と地検の事情聴取に呼ばれるなど捜査が続いている。渦中の克行氏について、今回、「週刊文春」が新たな疑惑を呼ぶ音声を入手した。

4月30日(木)発売の「週刊文春」では、克行氏の近況やその他の音声についても詳報している。(出典:文春オンライン

百日裁判でも追い込まれ、人間性的にも追い込まれ、もう議員は続けることは不可能でしょうか。せっかく積み重ねてきたものが小さな歪みから大きな歪みとなり、とうとう政治生活を終わらせてしまいそうな状況にまで追い込まれています。

河井議員に人生を狂わされたと言う人も出てきている中、本人たちはこれまでの状況を作ったものはなにが原因と語るのでしょうか。