広島大学 卒業生や各所から寄付1173万円 支援や応援が続々集まる

広島大学 卒業生や各所から寄付1173万円 支援や応援が続々集まる

広島大は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた学生向けの応急学生支援金の財源について、同日正午時点で教職員や卒業生、保護者たちから357件、計1173万円の寄付の申し出があったと明らかにした。

同大はアルバイト先を失うなどして生活に困っている学生向けに、当面1人当たり1ヶ月3万円を給付する支援金制度を設けた。教職員からの寄付を想定し、21日に呼び掛けたところ、「(学外を含め)思わぬ大きな反響をいただいた」(広報担当)という。学生を励ますメッセージも約120件寄せられたという。

支援金に関する学生側からの問い合わせは800件以上寄せられ、正式な申請も約60件あるという。(出典:中国新聞)

たくさんのすばらしい卒業生を輩出しているだけあって、すごい支援の数です。在校生の保護者も自身の子どもだけでなく学校に対しての寄付など助け合いが学校を支えています。すばらしい教職員や卒業生の存在が在校生の今後の倫理を形成すると思います。歴史ある学校の良い面を感じさせられます。