「高宮カントリークラブ」安芸高田市に1万枚のマスクを寄付

「高宮カントリークラブ」安芸高田市に1万枚のマスクを寄付

安芸高田市高宮町のゴルフ場「リージャスクレストゴルフクラブ」を運営する高宮カントリークラブ(CC、同町)は、新型コロナウイルス対策として、マスク約1万枚を市に寄付した。市は医療・福祉施設や学校などに配る。

同社の沢畑道信社長が、友人が経営する企業から使い捨てマスクを調達。24日に市役所を訪ね、児玉浩市町に届けた。沢畑社長は「困った時には助け合い、地域の役に立ちたい」と強調。児玉市長は「マスクが入手困難な中、大変心強い」と感謝を伝えた。

市は3月以降、市内外の3個人・団体からも計1850枚のマスクの寄付を受けている。(出典:中国新聞)

わざわざ調達し、寄付していただきました。「みんなが困っているときにこそ助け合い」と、なかなかできることではないと思います。転売や買い占めが色んなところで多発しているなか、人のために動ける沢畑社長は素晴らしい方ですね。