広島県146人の感染者を確認 福山市で1人 新型コロナウイルス

広島県146人の感染者を確認 福山市で1人 新型コロナウイルス

福山市は25日、市内の会社員女性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。市上下水道局が業務委託している会社の社員で、17日に感染が判明した60代職員男性と同じ職場で働いていた。年齢は公表していない。上下水道局で働いていた感染者は3人目。市内の感染者は計22人になった。

市によると、女性は18日にせきと喉の痛み、22日に37・5度の発熱があった。24日に帰国者・接触者外来を受診し、25日のPCR検査で陽性が判明した。濃厚接触者は同居家族3人。18日以降は出勤しておらず、状態は安定している。市は女性を60代男性や最初に感染が分かった40代男性の濃厚接触者や接触者とはしていなかったが、発熱などの症状が出た場合に連絡をするよう依頼していたという。上下水道局ではこれまでに職員計27人を自宅待機としている。

また、同市はこの日、17日に感染が分かった30代会社員男性が退院したと発表した。(出典:中国新聞デジタル

身近に一人感染者が出ると、そのまわりの人はどうしても感染してしまっていることが多いようです。まずは余計な行動などを減らし、感染の可能性のある人に接触しないよう気をつけましょう。未だスーパーなどは家族連れなどで人混みになっているところが多いようです。人混みは危険なのでなるべく子どもや高齢者を連れず、買い物に行きましょう。