世羅の観光農園休園で 「道の駅世羅」で花束をインターネット販売

  • 2020年4月24日
  • 2020年5月3日
  • 情報

世羅の観光農園休園で 「道の駅世羅」で花束をインターネット販売

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、町内の観光農園が休園している世羅町では、道の駅が農園に咲いている花を花束にしてインターネットで販売する取り組みを行っています。

世羅町は、四季折々の花を楽しめる観光地として知られていますが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のための県の休業要請を受け、町内の観光農園がのきなみ休園しています。
こうしたなか「道の駅世羅」では町内の観光農園に呼びかけ、見ごろを迎えた花を花束にしてインターネットで販売する取り組みを行っています。
大畠達也さんの農業用ハウスでは、「道の駅世羅」に花を出荷するため担当者が「アルストロメリア」や「ユリ」の咲き具合を見極めながら摘み取り切りそろえていました。
花はしっかり手入れをすれば1か月程度楽しめるということです。
大畠達也さんは、「花が癒やしにつながればいいなと思っています」と話していました。
また「道の駅世羅」の栗田直行さんは、「新型コロナウイルスの感染拡大で来たくても来られないお客様の自宅にお花を届けたいという思いで始めました。花を見て笑顔になってもらいたいです」と話していました。(出典:NHK広島)

各道の駅が色んなインターネットサービスを始めています。お花は生き物です。今が一番のピークを迎えているお花たちに出番を与えるべくインターネット販売です。機会がありましたらぜひ皆さん購入してみてください。