プロ野球 当面は無観客で開催の方針

プロ野球 当面は無観客で開催の方針

プロ野球は23日、12球団の代表者による会議を開き、新型コロナウイルスの感染を防ぐため今シーズンは開幕しても当面、公式戦を無観客で開催する方針で一致しました。

プロ野球12球団の代表者は23日午後にウェブ会議を開き、午前中に開かれた「対策連絡会議」で感染症の専門家から無観客での開幕が妥当という見解が示されたことについて意見を交わしました。
会議のあとの会見で斉藤惇コミッショナーは、今シーズンは開幕しても当面、公式戦を無観客で開催する方針で12球団が一致したことを明らかにしました。
80年以上の歴史があるプロ野球で、公式戦が無観客で行われれば初めてとなります。
斉藤コミッショナーは「状況から考えて、まずは観客を入れずにやっていこうということにどこも反対はない。財政的な問題も考えないといけないが、今は野球を通して全国のみなさんに元気になっていただきたいという気持ちが全球団強い」と話していました。
また、斉藤コミッショナーは開幕日を来月11日に予定している次の会議で決めたいという意向を示した上で、「緊急事態宣言の内容がより厳しくなってくればまた様子を見ないといけないかもしれないが、緩和の方向が見えてきた段階で前向きに取り組むことになると思う」と述べました。
さらに、シーズンを開幕するには試合を行う球場がある地元の自治体の理解が必要だとして、今後、各球団と自治体とで話し合いを進めていく考えを示しました。
プロ野球はすでに来月中の開幕を断念して交流戦の中止を決め、今の段階でレギュラーシーズンは当初の143試合から125試合以下に削減され
ることになっています。

カープの佐々岡真司監督は「試合をやることがいいのかわからない状況だが、世の中が暗い話ばかりで外出自粛が要請されている中、無観客でも試合が行われるのであればテレビなどを通じて元気を与えられると思うし、
それが我々の仕事だ。選手にとっては経験がないことで、モチベーションを上げるのが大変だがしっかり準備していきたい」と話していました。(出典:NHK広島)

歓声が力になるなど聞きますが、歓声がないと全力プレー時にケガなどしないでしょうか心配です。プロ野球が始まれば少しは日本も活気を取り戻しそうですが、野球選手たちはこの代表会議の結果をどう受け止めているのでしょうか。テレビが向けられると「やりたくない」とは言えないでしょうから気の毒です。