日本被団協の岩佐幹三元代表委員が死去

岩佐さんは1929年(昭和4年)に福岡市で生まれ、学生だった16歳の時に爆心地から1.2キロにあった広島市の自宅で被爆し、母親と妹を亡くして「原爆 ...

記事の続きを読む

当サイト(広島ライフ)は多くの方に広島関連の最新のニュースをご覧頂けるように、一部記事の引用、ニュース記事元へのご案内リンクを掲載しております。元のニュース記事の全内容の引用ではなく著作権法等厳守しております。