「爆心20キロでも汚染」 被爆者体験訴訟で意見書 地裁 /長崎

原告側は「広島、長崎とも爆心地から約20キロ離れていても原爆による汚染が確認できる」とする広島大の大瀧慈名誉教授の意見書を提出した。

記事の続きを読む

当サイト(広島ライフ)は多くの方に広島関連の最新のニュースをご覧頂けるように、一部記事の引用、ニュース記事元へのご案内リンクを掲載しております。元のニュース記事の全内容の引用ではなく著作権法等厳守しております。