元消防士長を酒気帯び運転で略式起訴略式命令 広島区検

  • 2020年4月16日
  • 2020年4月16日
  • 裁判

元消防士長を酒気帯び運転で略式起訴略式命令 広島区検

広島区検は15日までに、広島市西区三篠北町、市消防局南消防署の元消防士長由本祐一郎容疑者(35)を道交法違反(酒気帯び運転)の罪で略式起訴し、広島簡裁が罰金50万円の略式命令を出した。略式起訴の内容は、昨年11月30日午前9時45分頃、西区天満町の市道で酒を飲んで乗用車を運転した疑い。広島西署が現行犯逮捕し、送検後に処分保留で釈放されていた。市消防局は昨年12月、懲戒免職にしている。(出典:中国新聞)

事故を起こさずよかったと思います。酒気帯び運転は大罪です。人を巻き込む事故を起こしていたら、後悔しても後悔しきれないことになります。

当サイト(広島ライフ)は多くの方に広島関連の最新のニュースをご覧頂けるように、一部記事の引用、ニュース記事元へのご案内リンクを掲載しております。元のニュース記事の全内容の引用ではなく著作権法等厳守しております。