広島県北 春に積雪14センチ 県内は強風や高波も

広島県北 春に積雪14センチ 県内は強風や高波も

 発達する低気圧や強い寒気が流れ込んだ影響で、13日、広島県内は北風が強まっていて、北部の山地ではまとまった雪となっています。

こちらは、13日朝の北広島町・八幡の様子です。12日から断続的に雪が降っていましたが、13日朝になると積雪が増え、午前11時現在で14センチを観測しています。

この雪のため、県内の高速道路は、一部区間で冬用タイヤ規制となっています。

一方、日本付近で発達する低気圧の影響で、県内では北風が強まっています。各地の最大瞬間風速は広島空港で22.1メートル。広島市中区では18.6メートルを観測しています。

13日いっぱいは風の強い状況が続くため、強風や高波に注意ください。(出典:RCC)

本日は真冬のような寒さです。4月に入りコートなどをクリーニングに出された方は多いのではないでしょうか。今はコロナウイルスも蔓延しだし免疫力を下げてはいけません。防寒対策をしっかりし、体調を崩さないよう気をつけて下さい。

当サイト(広島ライフ)は多くの方に広島関連の最新のニュースをご覧頂けるように、一部記事の引用、ニュース記事元へのご案内リンクを掲載しております。元のニュース記事の全内容の引用ではなく著作権法等厳守しております。