6年前の不審火 放火魔再逮捕 先月放火容疑で逮捕された男

6年前の不審火 放火魔再逮捕 先月放火容疑で逮捕された男

 6年前、広島市で事務所兼倉庫を焼いた不審火で、警察は、別の放火事件で先月、逮捕した男を再逮捕しました。

 非現住建造物等放火の疑いで再逮捕されたのは、広島市佐伯区藤の木の無職・浜川旦容疑者(32)です。

 警察によりますと、浜川容疑者は、2014年3月31日、広島市西区庚午中にある事務所兼倉庫に火をつけた疑いがもたれています。

 浜川容疑者はことし1月、自宅近くの民家に火をつけたなどの疑いで先月、逮捕されていて、警察は、この事件の捜査の過程で、6年前の不審火に関する証拠品を押収し、再逮捕に至ったとしています。

 調べに対し、浜川容疑者は、「身に覚えがありません」と容疑を否認しているということです。

 当時、現場付近では、不審火が相次いでいて、警察は関連についても調べることにしています。

(出典:RCC)

放火は一瞬にして色んな人に被害や悲劇をもたらします。子供の火遊びや一時の過ちと違い、いい歳してどういう神経で放火をするのか。損得がない事件はほんとに理解に苦しみます。

当サイト(広島ライフ)は多くの方に広島関連の最新のニュースをご覧頂けるように、一部記事の引用、ニュース記事元へのご案内リンクを掲載しております。元のニュース記事の全内容の引用ではなく著作権法等厳守しております。