CATEGORY

原爆問題

  • 2020年2月25日
  • 2020年2月26日

広島長崎の被爆者3人を原爆症と認めず 最高裁判決

広島、長崎の被爆者が原爆症に認定するよう国に求めた3件の訴訟の上告審判決が25日、最高裁第3小法廷であった。宇賀克也裁判長は被爆者の原告全3人を原爆症と認めなかった。 原告は、広島で被爆した広島市安佐南区の内藤淑子さん(75)と、ともに長崎で被爆した名古屋市緑区の高井ツタエさん(84)と佐賀県の80代女性。 3件とも病気の経過観察という状態が、原爆症認定の要件となる「要医療性」に当てはまるかどうか […]

  • 2020年2月24日

原爆症認定訴訟 明日最高裁で判決 原告被爆者の訴え

被爆者が「原爆症」の認定を求めた訴訟の判決があす25日、最高裁判所であります。今回は、認定要件の1つ、「申請した時点での医療の必要性」について、最高裁が初めて統一した判断を示すものとみられます。 原告の1人、内藤淑子さん。75歳です。生後11か月の時、母親と一緒に親せきの家に向かう途中、爆心地から2.4キロの広島市己斐地区で被爆。放射性物質を含む黒い雨にも遭いました。小さいころから目が悪く、小学5 […]