自滅ではなく虎の策略だった?!…なぜ阪神は広島の九里から4本の適時打と6四球を奪い20勝一番乗りに成功したのか?(Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE)

当サイトはアンテナサイトです。

自滅ではなく虎の策略だった?!…なぜ阪神は広島の九里から4本の適時打と6四球を奪い20勝一番乗りに成功したのか?(Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE)

自滅ではなく虎の策略だった?!…なぜ阪神は広島の九里から4本の適時打と6四球を奪い20勝一番乗りに成功したのか?(Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE)

阪神が30日、無観客で行われた甲子園での広島戦に4-2で快勝、両リーグで20勝一番乗りを果たした。広島先発の九里亜蓮(29)は5回6四球と自滅し、阪神はそこにつけこみ4本のタイムリーを奪ったが、背景には阪神打線の「低めの変化球を捨てる」という徹底した戦略があった。対照的に秋山拓巳(30)は工夫した配球で7回3分の...

はてなブックマーク - 自滅ではなく虎の策略だった?!…なぜ阪神は広島の九里から4本の適時打と6四球を奪い20勝一番乗りに成功したのか?(Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE) はてなブックマークに追加

記事の続きを読む