激戦地沖縄からパスポートを持って被爆地広島に 元カープ投手・安仁屋宗八が見た沖縄日本復帰50年(デイリースポーツ)

当サイトはアンテナサイトです。

激戦地沖縄からパスポートを持って被爆地広島に 元カープ投手・安仁屋宗八が見た沖縄日本復帰50年(デイリースポーツ)

激戦地沖縄からパスポートを持って被爆地広島に 元カープ投手・安仁屋宗八が見た沖縄日本復帰50年(デイリースポーツ)

大波を受ければすぐに転覆してしまいそうな「ポンポン蒸気船」が、家族12人を乗せて暗い海を駆けた。 戦火が激しくなる沖縄から九州へ、決死の疎開だった。 米軍に見つかれば襲撃されるかもしれない。航海は夜に限られた。漁師である父の勘と、方角を教える星空だけが頼りだった。 船の上、母の胸に抱かれた生後2か月...

はてなブックマーク - 激戦地沖縄からパスポートを持って被爆地広島に 元カープ投手・安仁屋宗八が見た沖縄日本復帰50年(デイリースポーツ) はてなブックマークに追加

記事の続きを読む