広島県、不法投棄等の早期発見に向けて衛星データとAI技術を活用

当サイトはアンテナサイトです。

広島県、不法投棄等の早期発見に向けて衛星データとAI技術を活用

広島県、不法投棄等の早期発見に向けて衛星データとAI技術を活用

廃棄物の不法投棄及び不適正保管の早期発見に向け『ひろしまサンドボックス』実証プロジェクトに、Ridge-iの衛星データを活用した新たな監視方法の提案が採択されました。本実証実験は本年9月より開始し、来年3月の最終報告にて衛星データによる不法投棄自動検出の検証結果の報告を行う予定です。 このAIニュースのポイ...

はてなブックマーク - 広島県、不法投棄等の早期発見に向けて衛星データとAI技術を活用 はてなブックマークに追加

記事の続きを読む