“鬼”と呼ばれた写真家・土門拳:執念のまなざしで被写体を凝視 | nippon.com

当サイトはアンテナサイトです。

『土門拳全集10 ヒロシマ』(小学館、1985年、土門拳記念館所蔵資料)(編集部注:広島県警察警備隊長吉見氏のウォルサムの懐中時計。8時15分の針は吹き飛ばされている ...

記事の続きを読む