肝芽腫、予後予測に有用なメチル化マーカー「DLX6-AS1」を同定-広島大ほか | QLifePro

当サイトはアンテナサイトです。

肝芽腫、予後予測に有用なメチル化マーカー「DLX6-AS1」を同定-広島大ほか | QLifePro

肝芽腫、予後予測に有用なメチル化マーカー「DLX6-AS1」を同定-広島大ほか | QLifePro

小児肝腫瘍検体163例を用いて、統合的にゲノム・エピゲノムプロファイリングを実施 広島大学は9月20日、全国多施設共同臨床試験JPLT-2試験に登録・治療された小児肝腫瘍のうち、同意を得て治療開始する前の検体163例を用いて、がん組織の遺伝子全体の変異や変化を検索した結果を発表した。この研究は、同大自然科学研究...

はてなブックマーク - 肝芽腫、予後予測に有用なメチル化マーカー「DLX6-AS1」を同定-広島大ほか | QLifePro はてなブックマークに追加

記事の続きを読む