広島大、小児肝がん(肝芽腫)の発生機序を解明~低メチル化とともに特定の遺伝子が発現上昇した未熟な細胞に由来~:日経バイオテクONLINE

当サイトはアンテナサイトです。

広島大、小児肝がん(肝芽腫)の発生機序を解明~低メチル化とともに特定の遺伝子が発現上昇した未熟な細胞に由来~:日経バイオテクONLINE

広島大、小児肝がん(肝芽腫)の発生機序を解明~低メチル化とともに特定の遺伝子が発現上昇した未熟な細胞に由来~:日経バイオテクONLINE

肝芽腫(HB)は、小児に発生する肝臓がんの約80%を占めていて一部に成人型肝細胞癌(HCC)がありますが、その発症機序は未だに十分に解明されていませんでした。 今回、広島大学自然科学研究支援開発センターの檜山英三教授と大学病院小児外科のグループは、東京大学先端科学技術研究センターの油谷浩幸名誉教授(シニ...

はてなブックマーク - 広島大、小児肝がん(肝芽腫)の発生機序を解明~低メチル化とともに特定の遺伝子が発現上昇した未熟な細胞に由来~:日経バイオテクONLINE はてなブックマークに追加

記事の続きを読む