(聞きたかったこと 広島)語り続ける 涙と共に [核といのちを考える] – 朝日新聞デジタル

当サイトはアンテナサイトです。

原爆が投下された広島で苦しみながら亡くなった人々のことを、看護師だった鶴羽カホルさん(95)=徳島県阿南市=は忘れられない。19歳で目にした悲惨な光景を ...

記事の続きを読む