ドライバーの感情が走行速度に影響。広島大学が科学的に証明 | くるくら

当サイトはアンテナサイトです。

ドライバーの感情が走行速度に影響。広島大学が科学的に証明 | くるくら

ドライバーの感情が走行速度に影響。広島大学が科学的に証明 | くるくら

2021年06月11日 06:00 掲載 交通安全・防災 ドライバーの怒りと悲しみが速度超過につながる。広島大学が科学的に証明。 クルマを運転する時の感情変化が運転操作に影響する。そんな経験則を、広島大学は科学的に証明できたと発表。勤務中のタクシー運転手の感情と運転速度の関係を分析した結果、ドライバーの感情と運転...

はてなブックマーク - ドライバーの感情が走行速度に影響。広島大学が科学的に証明 | くるくら はてなブックマークに追加

記事の続きを読む