原爆で同級生失った関千枝子さん 最後の本出版 2月死去前執筆

当サイトはアンテナサイトです。

今回刊行された「続ヒロシマ対話随想」は作家の中山さんとの往復書簡の形式でつづられたエッセーだ。中山さんは14歳の時、広島で爆心地から1・5 ...

記事の続きを読む