社説:広島・長崎「原爆の日」 核の恐ろしさ共有する時 | 毎日新聞

当サイトはアンテナサイトです。

社説:広島・長崎「原爆の日」 核の恐ろしさ共有する時 | 毎日新聞

社説:広島・長崎「原爆の日」 核の恐ろしさ共有する時 | 毎日新聞

広島はきょう、長崎は9日に「原爆の日」を迎える。 1945年夏、2度にわたる米軍の原子爆弾投下により、20万人を超える市民が犠牲になった。放射線を浴びた多くの人が今なお健康被害に苦しむ。 惨禍の記憶を次世代に伝え、二度と核兵器が使われない世界をつくる。その思いと願いを再確認する日である。 核への恐怖感が時代...

はてなブックマーク - 社説:広島・長崎「原爆の日」 核の恐ろしさ共有する時 | 毎日新聞 はてなブックマークに追加

記事の続きを読む