【研究成果】RNAポリメラーゼの共通テイルの役割を解明~遺伝性難病の発症プロセスの解明や治療薬開発に期待~ | 広島大学

当サイトはアンテナサイトです。

【研究成果】RNAポリメラーゼの共通テイルの役割を解明~遺伝性難病の発症プロセスの解明や治療薬開発に期待~ | 広島大学

【研究成果】RNAポリメラーゼの共通テイルの役割を解明~遺伝性難病の発症プロセスの解明や治療薬開発に期待~ | 広島大学

3種類のRNAポリメラーゼに共通するテイルがTFIIHの結合部位として機能していることを発見 既存の技術では見ることができなかった高い運動性をもつ機能ドメインを含むTFIIHとRNAポリメラーゼIIのドッキング構造のモデル化に成功 RNAポリメラーゼとTFIIHの相互作用が、転写、転写共役型ヌクレオチド除去修復、細胞増殖に重...

はてなブックマーク - 【研究成果】RNAポリメラーゼの共通テイルの役割を解明~遺伝性難病の発症プロセスの解明や治療薬開発に期待~ | 広島大学 はてなブックマークに追加

記事の続きを読む