詐欺の疑いで再逮捕 呉署と県警捜査2課

詐欺の疑いで再逮捕 呉署と県警捜査2課

呉署と県警捜査2課は17日、奈良市奈良阪町、無職長谷川翔大被告(21)=詐欺未遂の罪で起訴=を詐欺の疑いで再逮捕した。

再逮捕容疑は、何者かと共謀。2月12日から同15日までの間、呉市の無職女性(82)に電話で「金銭トラブルになっている」などと嘘を言い、同15日に女性方を訪れて現金300万円を騙し取った疑い。

同署によると、「なにも言うつもりはない」と話しているという。(出典:中国新聞)

一発実刑はぼぼ免れないだろうと思われる。まさか自分が捕まるとは思っていなかったのだろうと思う。

被害に合われた方も、まさか自分が被害に合うと思っていなかったのではないだろうか。

どんな事象も、万が一自分に降り掛かってきた場合、どう対処すべきか、どうなっていくものなのか想像し準備をしておくべきだと思う。

黙秘を続けているようだが、安易な黙秘を続けると警察側を単に怒らせるだけだと思う。怒らせて良いことなんてないから、早く自供したほうが自分のためではないだろうか。元々の仲間たちは庇ったところで捕まった以上もう助けてくれないと思う。