尾道の80代の女性 特殊詐欺で200万円の被害 尾道署

尾道の80代の女性 特殊詐欺で200万円の被害 尾道署

尾道署は12日、尾道市内の80代女性が、医療費の払戻金をかたる特殊詐欺で、預金通帳3通とキャッシュカード4枚を騙し取られ、現金200万円を引き出されたと発表した。

同署によると、女性方に10日、市役所職員をかたる男から電話があった。「医療費の払戻金がある。銀行の者に代わる」と話した後、別の男の声で「通帳を新しくする必要があるので通帳とキャッシュカードを封筒に入れておいて。行員が取りに行く」などと要求。

女性は訪れた20代くらいの女に、預金通帳とキャッシュカード、暗証番号を記載したメモを入れた封筒を手渡した。10、11日に広島県内外のショッピングセンターの現金自動預払機(ATM)などから現金が引き出されたという。女性と話をした金融機関の関係者が不審に思い通報し、発覚した。(中国新聞)

金融機関の関係者が気づかなかった場合は、バレずに済んだのだろうか。

そもそも自分たちでATMから引き出してる時点で逮捕は間近と思われる。犯人たちは特殊詐欺系はほぼ一発実刑になることをわかってやっているのだろうか。後悔先に立たずだが、後の祭りだ。一日も早く逮捕されることを願います。