マツダ 国内外の工場の生産調整へ 新型コロナウイルス影響

マツダ 国内外の工場の生産調整へ 新型コロナウイルス影響

新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に自動車の需要が落ち込んでいるとして、自動車メーカーの「マツダ」は広島県と山口県にある2か所の組み立て工場の稼働を一時的に停止し、生産調整を行うと発表しました。

発表によりますと、マツダが稼働を停止するのは広島市と府中町にまたがる本社工場と山口県防府市にある防府工場の2か所です。
マツダの国内の組み立て工場はこの2か所のみで、年間およそ100万台を生産し、国内向けのほかアメリカやヨーロッパなどに輸出しています。
しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に自動車の需要が落ち込んでいるほか、部品調達にも影響が出ているため、今月28日から国内工場の稼働を一時的に停止すると発表しました。
停止するのは来月30日までのあわせて13日間で、このほか8日間は夜間の操業を止めて日中のみ稼働し、生産調整を行うということです。
従業員には雇用調整助成金を活用して9割の賃金を保障するほか、期間従業員の雇い止めはしないということです。
また、タイとメキシコの工場もそれぞれおよそ10日間稼働を止めます。
マツダは「日本や中国などでは販売活動を継続し、そのほかの地域では各国政府の方針に従って販売やサービスへの影響を最小限に抑えるよう努めていきたい」とコメントしています。
自動車メーカーの間ではトヨタ自動車も来月から一部の国内工場の稼働を一時停止させることを決めたほか、世界各地で工場の停止が相次いでいて、新型コロナウイルスの影響が広がっています。

(出典:NHK広島

雇用調整助成金を活用し、通常賃金の9割を保障されるそうで、労働者の最低限の生活は保障されるそうです。

マツダのような広島のリーディングカンパニーが率先して助成金等を使用することで、広島のその他の中小企業も同じように制度を活用できることを知ってもらえることは良いことだと思います。現在雇用調整助成金は新型コロナウイルスの影響で追加特例を出しています。(厚労省ホームページ)ご自身の企業でどのように対応できるか今一度ご確認ください。