「手の震えあるのに」ホテル療養わずか2日で退所 その後、”コロナ死”の男性…遺族が抱く疑問【広島発】

当サイトはアンテナサイトです。

「手の震えあるのに」ホテル療養わずか2日で退所 その後、"コロナ死”の男性…遺族が抱く疑問【広島発】

「手の震えあるのに」ホテル療養わずか2日で退所 その後、"コロナ死”の男性…遺族が抱く疑問【広島発】

新型コロナウイルスに感染し、死亡した患者の遺族が、カメラの前で辛い胸の内を明かした。 ホテル療養を終えた2日後に死亡した男性。 遺族は、納得のいかない対応があったと話している。 テレビ新広島が入手した1枚の「死亡診断書」。 死亡原因の欄には「COVID19」。新型コロナウイルス感染症で死亡したと記されている。...

はてなブックマーク - 「手の震えあるのに」ホテル療養わずか2日で退所 その後、"コロナ死”の男性…遺族が抱く疑問【広島発】 はてなブックマークに追加

記事の続きを読む